白ニキビは毛穴の先端に皮脂が固まって出来たニキビなどで潰す事で皮脂を排出すると改善されると言われています。
それで白ニキビを潰す人がいますが、デメリットになってしまう点もあるので注意が必要です。
そこで白ニキビを潰すとデメリットになってしまう点をいくつか挙げていきましょう。

ばい菌が入って化膿する可能性がある

ばい菌が入らないように手を顔を洗った後に白ニキビを潰す事が多いですが、潰した後にばい菌が入る事もあるので注意が必要です。
白ニキビを潰した後にばい菌が入ると炎症が酷くなって化膿してしまう可能性もあります。
化膿してしまうと治るまでに時間がかかってしまうので白ニキビを潰すとデメリットになってしまいます。
しまう可能性がある

シミやニキビ跡が残ってしまう可能性がある

白ニキビを潰してしまうとばい菌が入って化膿してしまう事がありますが、酷いニキビになってしまうと治った後にシミやニキビ跡が残ってしまう可能性があります。
シミやニキビ跡が残ってしまうと顔が汚く見えてしまうのでコンプレックスになってしまう事もよくあります。
白ニキビを潰すとシミやニキビ跡が残る可能性があるので注意が必要です。
白ニキビを潰すとデメリットになってしまう点はこのようにあるので潰すのは止めて正しい方法で治していきましょう。

こちらにも詳しく書いてあるので参考にしてください⇒白ニキビ 潰す

関連記事


    乾燥するとニキビができやすくなるのはなぜ? スキンケアの観点から見れば、夏に気をつけるべきは紫外線。 では冬はというと「乾燥」です。 日本の冬は空気が乾燥します。雪が降って積もる地域でも、ストーブやエ…


    女性は永遠に美を追求するといますが、その美を邪魔するとても憎っくきものがニキビですよね。 朝ニキビができているとそれだけでテンションがだだ下がり…。 誤って手で引っ掻いてしまってニキビをつぶしてしまっ…