男性が爽やかさを保つためには、毎日スキンケアを行わなければなりません。

スキンケアと言えば欠かせないものはシェービングですが、皆さんはどのようなものをお使いですか?

シェービング剤に相当こだわっている人もいれば、石けんで済ませるといった人もいるのではないかと思います。

近時では、一般的なシェービングフォームを始めとして、オイルやジェルなどといったシェービングフォームの種類も増加の一途をたどっており、かなりバリエーション豊富です。

それぞれのシェービングフォームにメリットとデメリットがあるので、これを踏まえて、どれが自分に合うのかを選択しましょう。

最も一般的と言われるシェービング剤が、シェービングクリームでしょうね。

一番上の部分を押すのみで、泡が出てきます。

これのメリットは、使用している間に、泡が垂れてくることがないことです。

そして、泡によってカミソリの刺激が低減されます。何よりも多くの人が利用しているということは、使い回しに優れていることの証左でしょう。

反対にデメリットは、泡によってヒゲが隠れてしまい、視認性に優れないという点です。

もみあげとか、ヒゲの一部を残しておきたい場合に、泡で隠れて見えなくなります。

慣れているのであれば、この点はクリアできますが、朝眠たい時とか、普段からヒゲを剃らない人にとっては、デメリットとなり得ます。

シェービングフォームと並んで、有名なのが、ジェルタイプのシェービング剤です。特徴としては、伸びが良いところです。

メリットは、ヒゲを全部剃るのではなく、境目にそって剃りたい場合に、非常に視認性に優れているところです。

特に、細かく境目を指定する場合に、はっきり見えるものでなければ、うまく剃れません。

そのために、塗っても肌の表面が見えるくらいの透明性がジェルタイプの最大の長所と言えます。

デメリットとしては、ジェルタイプのものの中には、メンソールが入っている場合が多いため、ひんやりとしていることが多く、温めた後の毛穴が開いている際に、このようなひんやりとしたジェルを肌に塗れば、びっくりすることもあるでしょう。

夏場には、さっぱりとしていて気持ちがいいのですが、冬場には辛いかもしれませんね。

カミソリ負けしやすい人にとっては、クッションの役割を果たしてくれるシェービング剤を選択しましょう。

ジェルやミルクタイプのものよりも、使い心地が固いクリームワックスという種類のものもあります。

しかも水を加えることによって、柔らかくもできるため、取り回しが良いことが特徴で、今後注目すべきシェービング剤といえるでしょう。

 

 

関連記事

    None Found