ゼロファクター5αSPシェイブジェルは、化粧品、しかも抑毛剤でありながら、何とあの権威のあるモンドセレクションを受賞しているのです。

しかも、3年も連続してですよ。しかし、このモンドセレクションとは具体的にどのようなものなのでしょうか。

どのような商品が受賞できるのでしょうか?

 

 

5αSPシェイブジェルはモンドセレクションを3年も連続受賞しているからとても凄い旨を冒頭で記載しておきながら、こう書くのも何ですが、モンドセレクションを受賞しているからといって、当然にその効果が高いという証明ではないのです。もちろんモンドセレクションは権威のある賞であることは疑いようのない事実です。審査の申請には、日本円にして約15万円ほどかかります。審査の方法や基準については、非公開となっており、コンペなどのように競うという類のものではなく、審査対象となる商品の絶対的な価値に鑑み、審査の結果を点数化するものです。最高金賞は90点以上で、順次見ていくと、80点が金賞、70点が銀賞、60点が銅賞です。ところで、これらの賞を受賞しているのはどの程度の割合で可能なのでしょうか。2014年のモンドセレクションに申請された審査対象商品の9割近くは、何らかの賞を受賞しています。その内訳は、最高金賞が1割、金賞が4割、銀賞が25パーセント、銅賞が7パーセントを占めており、何らの賞も受賞しなかった商品は、全申請数のうちの1割ちょいです。

 

モンドセレクションで受賞した商品と聞くのであれば、とても信頼のおけるでしょうが、こうしたデータに照らすと、受賞自体は珍しいことではないと理解できます。某ウイスキーの宣伝では、モンドセレクションを受賞している旨を極めて大げさに謳い文句にしていることが多々見受けられますが、権威ある賞について何も詳しいことを知らないまま鵜呑みにしてしまう傾向のある日本人は、その評価を過信してしまいがちです。そして、企業もそれについて十分知悉していますから、ブランドの確立として利用していることはままあることなのです。

 

モンドセレクションを受賞した商品で、アジア圏から申請されたものは8割も占めています。モンドセレクションでは、アジア圏の商品が高く評価されているとも受け止めることができますが、アジア圏以外の地域においては、モンドセレクションを主としてターゲットにしていないとも解釈できます。しかし、権威ある公的機関の審査を経ていることは、相当程度の評価を得ているといえ、一定の基準を全うしていることの証明となりえます。もちろんのこと、モンドセレクションを手放しに過信するのはどうかと思いますが、上記で述べたような某ウイスキーや、ゼロファクター5αSPシェイブジェルのような真に高品質なものも存在していることから、モンドセレクションを受賞していること自体が、安全であって、価値のあるものであることを証明していることは疑いようがありません。

 

関連記事

    None Found