自宅の屋根にソーラーパネルを設置して電気を生み出す太陽光発電は、家庭で使う電気を作るだけでなく売電によって収入を得ることもできる仕組みになっています。
しかし、何も考えずに導入してしまうと、思わぬ失敗につながることが多いです。
実際に契約する前に気を付けるべきポイントをチェックしておきましょう。
まず、チェックしておきたいのは太陽光発電を取り扱う会社が信頼できるかどうかです。
現在、新しいビジネスで利益を得ようと多くの会社が太陽光発電事業に参入しているため、どの会社を選ぶかは非常に重要となります。
各会社によってソーラーパネルの購入費用・設置費用が異なるのはもちろん、技術力やメンテナンスの丁寧さにも差が存在するからです。
せっかく太陽光発電を導入したとしても、設置方法が悪かったために十分な量の発電に失敗するケースや、最悪の場合には会社が倒産してメンテナンスが途絶えてしまうケースに遭遇してしまっては意味がありません。また、ソーラーパネルを設置する自宅にどれぐらい災害のリスクがあるかも考えておかなければなりません。
台風などの災害によって設備が故障してしまうと、当然のことながら修理しなければ発電が不可能となります。
そのため、どれぐらい修理費用を支払うリスクがあるか調べておくことは大切です。
太陽光発電システムが対象となる保険の保険料なども確かめておくと、失敗する可能性を低くできます。
こちらに詳しく記載されているので参考にしてください。⇒太陽光発電 失敗

関連記事


    これから太陽光発電にしようよ思っている人が気にすべき事のひとつに太陽光パネルの設置場所の問題があります。 それはどうしてかというと、いくらその地域の日照条件が悪くなくても設置する場所によっては太陽光パ…


    これから自宅に太陽光発電を導入したいと考えている人も多いと思います。 ですが、実際に自宅に太陽光発電を導入しようと思った時は少し気にすべき事があります。 それは冬の季節になった時に太陽光パネルを設置す…


    海外においては、太陽光発電がメガソーラーの形式で展開される傾向が強く見受けられているのではないかと思います。 多くのソーラーパネルを同じ場所に配置し、同時に多くの発電量を期待できる点がメガソーラーの魅…


    電線に電気が流れると、その周りには電界ができます。 また磁石のように片方がプラス極で、もう片方がマイナス極のときその周りには磁界ができます。 私たちが住んでいる地球にも、大きな磁界が存在しています。 …