乾燥するとニキビができやすくなるのはなぜ?

スキンケアの観点から見れば、夏に気をつけるべきは紫外線。
では冬はというと「乾燥」です。
日本の冬は空気が乾燥します。雪が降って積もる地域でも、ストーブやエアコンのために部屋の中は乾燥状態。
いずれにしても乾燥対策が重要になってきます。

乾燥はニキビにもよい影響は与えません。
冬場に乾燥すると肌から水分が大気に吸い取られてカサカサになり、肌本来が持っているバリア機能が役目を果たさなくなります。
もう少し詳しく説明すると、肌に接している空気が乾燥していると、皮膚の表面に近いところにある角質層の水分が徐々に少なくなって失われていきます。
角質から水分層がなくなっても油分層が残っていますが、水分層と油分層が合わさってバリアとなっているため、油分層だけでは不完全なのです。

肌の表面が潤っていて大丈夫だと思っていても、実際は表皮の下にある角質の水分層が失われてバリア機能が低下してしまうという「インナードライ」が起きることもあります。
乾燥する冬場はバリア機能不全に陥りやすく、異常角化から角栓が発生してニキビができやすくなるのです。

冬場は徹底的に保湿しましょう。それがニキビ予防の第一歩

したがって冬場でも角質層にはの10%以上の水分を保っていたいものです(通常は15~20%です。目安として参考に)。
洗顔を1日に数回と、風呂上がりの保湿ケアを行いましょう。
但し洗顔しすぎは逆効果です。
また、冷え性の方はホルモンバランスが乱れて、男性ホルモンの影響によってもニキビができやすくなります。
普段からの冷え性対策にも力を入れましょう。

ルフィーナについて、詳しい情報はこちら⇒ルフィーナ 口コミ

関連記事


    白ニキビは毛穴の先端に皮脂が固まって出来たニキビなどで潰す事で皮脂を排出すると改善されると言われています。 それで白ニキビを潰す人がいますが、デメリットになってしまう点もあるので注意が必要です。 そこ…


    女性は永遠に美を追求するといますが、その美を邪魔するとても憎っくきものがニキビですよね。 朝ニキビができているとそれだけでテンションがだだ下がり…。 誤って手で引っ掻いてしまってニキビをつぶしてしまっ…