近頃若い人の間でも歯のホワイトニングがはやっているそうです。
歯が汚いと異性にモテない、口が臭そう、清潔感がない人間に見られる…
このようなイメージから脱却するためにホワイトニングが流行っているそうです。
確かに歯が汚いと正直ってイメージが悪いです。
ホワイトニングをやることにより好感度を高めるということです。
そこで今人気のホワイトニングでどうやってはが白くなるかということを説明していきたいと思います。
ホワイトニングは先ず歯の表面に過酸化物をメインとした薬剤を塗っていきます。
何故かと言うと熱や光で歯の黄ばみ色素を分解して歯を白くしていくからです。
このようにすることで天然の歯を白くしていくことが可能となり自然な真っ白さを出すことができます。

歯医者さんによるホワイトニングは、歯の白さの段階も調整しやすいため安心して受けることが可能です。
実は歯の黄ばみ色素を分解しただけでは歯は白くならないのです。
歯の表面を覆うエナメル質は半透明色であるので、下層にある象牙質の黄褐色が透けて見えてしまうからです。

そこでポイントとなってくる点がホワイトニング剤に含まれる過酸物であるオキシドールと同じ成分を使うことにより、エナメル質をマスキングする特性があります。
これにより歯を白く見せることが可能となるわけです。
これだけ聞くと色々と化学物質を使ってるような感じで健康上不安になる方もいるかと思います。
しかしホワイトニングは安全性が証明されているのです。
歯のホワイトニングの安全性は、ニューヨーク大学、インディアナ大学、東京医科歯科大学など世界中のたくさんの大学や研究機関で日々研究されています。
そして数ある大学や研究機関が出した結果はホワイトニングは安全であると言うことが証明されています。
具体的に言いますと歯のホワイトニングは、歯を軟化させたり、傷めたりすることなく安全に白くすることができることが科学的に証明されたのです。

こちらも参考にしてください⇒はははのは 口コミ

関連記事


    みなさん裏側矯正(舌側矯正)というのをご存知ですか?   歯の矯正といういと、子供の頃に1人くらいは友達にしてる子がいましたよね? 銀色のヤツが歯の表面についてるアレです。 裏側矯正(舌側…