断食は、正常な食事の摂取量になるばかりでなく、腸の若返り効果があるといわれています。
断食は、デトックス効果があり、腸が若返るだけでなく、肌もきれいになり見た目も美しくなります。
そんな断食で、気になるのは、断食を止めたときの、リバウンドです。
リバウンドを少なくするためにはどのように実施すると言うのでしょうか。
断食は、たった1日でも大丈夫です。
食を断つと書きますが、食事を全くしないわけではありません。
固形物を取らない日を1日作れば断食となります。
豆乳や、バナナジュースを1日摂取することで、断食となります。
豆乳やバナナジュースだけでは、物足りないと言う人には、豆腐のスープや、野菜ジュース、蜂蜜水も大丈夫です。
リバウンドは、食事をしないことによるイライラからやってきます。
イライラを感じないようにするためには、断食をする前日に、明日からやるぞと言う心構えが必要です。
また、断食中に食べられないという心境から、断食後欲望を満たそうとするのではなく、きれいになった自分を思い浮かべ男色する必要があります。
常にイメージトレーニングが必要で、なりたい自分を思い描くことが大事です。
しかしながら、食べられないのは辛いことですね。
ですからお腹が減ったときには、バナナジュース豆乳スープなど、味の違うもの、暖かさの違うものなどを組み合わせること、そして、断食後のなりたい自分の姿を思い浮かべ実施することが良いです。
こちらにも断食について書いてあるので参考にしてみてください。
断食 リバウンド

関連記事