人間が生活している中で、汗をかく場面は多く存在しますが、

その中で多汗症になってしまう原因の一つとして、常に緊張にさらされている人が挙げられると思います。

緊張と感じる瞬間は大人になるにつれて多くなるとは思いますが、小さいころから発症する人も多くいます。

小学校に入ったくらいから、集団で生活することが時間が長く、その中で人といろいろと比べる機会が多くあると思います。

その中で、例えば、急に用を足したくなったとき、または少し恥ずかしい思いをしたとき、子供であれ、恥ずかしいと思い、

次はみんなから言われないようにしよう、多くの視線を浴びないようにしようと思うようになると思います。

性格によってはそれを極度に嫌う人もいるので、多くの視線を感じて緊張した瞬間に神経が過剰に反応し、汗が多く出てくることがあります。

それが多汗症の始まりのひとつと言えます。

緊張に対しては大人になってもなかなか耐性がつかず、少しの緊張で多くの汗をかく方も多くいると思います。

対策としては、やはり自分自身に対して緊張になる場面を作らないということです。

自分自身が苦手となる場面に出くわさないよう対策を事前にしておくことで、常に自然体でいることができ、多汗症を防ぐ手段になると思います。

参考 多汗症 原因

関連記事

    None Found