汚い髭を処理する方法について

「髭なんか誰でも生えているんだから、ほっといても関係ないよ」
髭 汚い!けど剃り残しくらいあっても大丈夫でしょう」

このように甘く考えてしまう男性も少なくありません。確かに、少しくらい剃り忘れても問題はないかもしれません。しかし、時には絶対に失敗できないポイントがあります。

普段は0点でも構わないのですが、大事なところで100点を取らなければいけません。それが汚い髭の処理のです。

 

 

いざというとき

次の日に大切なことがある。その時は前の日にはしっかりと髭を剃っておきましょう。ここでのポイントは前の日に髭を剃ってはいけないこと。なぜならば、一晩のうちに髭は生えてきてしまうからです。

前の日の寝る前ではまだ早すぎるので、できることなら遅いタイミングで髭を剃ることがおすすめです。例えば、面接が午前の10時にある場合には、その直前の8時ごろに髭を処理するといいでしょう。午後の場合には、お昼くらいに剃っておけばいいでしょう。

 

 

汚い髭を処理する方法について

髭の処理方法も大切です。多くの人は、電気シェーバーで簡単に済ませてしまうかもしれません。確かに時間もかからないし、顔を濡らさなくてもできるので楽です。

しかし、電気シェーバーでは明らかに髭の処理は不完全です。剃り残しが出てきてしまうのです。そのため、何となく不潔で汚い印象になってしまいます。大切なイベントでは、必ずシェービングクリームを使ってT字カミソリで剃るのがいいでしょう。

 

 

シェービングクリーム

そして、T字カミソリで髭を剃る場合には、ジェルよりもシェービングクリームを使ったほうがいいです。シェービングクリームのほうがお肌になじみやすいので仕上がりがいいです。

そして、肌をちゃんと温めることです。タオルをお湯に浸して蒸しタオルを作ります。それを顔に当ててください。その時にシェービングクリームを塗っておいてもいいです。毛穴にシェービングクリームが行き渡り、髭を処理しやすくなります。冷たい水で行うのは絶対にやめましょう。剃り残しが出やすいです。
いかがでしたでしょうか。前の日に髭を処理するのではタイミングが早すぎます。大切なイベントがある時にはできるだけその直前に髭を剃るようにしましょう。そしてシェービングクリームを使うこと。肌をしっかり温めてクリームをなじませることも綺麗に髭を処理するコツ。髭の処理を適切に行うと、清潔な素肌で、周りから汚いと思われることもなくなるでしょう。

 

 

 

関連記事

    None Found