電線に電気が流れると、その周りには電界ができます。
また磁石のように片方がプラス極で、もう片方がマイナス極のときその周りには磁界ができます。
私たちが住んでいる地球にも、大きな磁界が存在しています。
この電界と磁界の変化による波を電磁波と言います。
そして現代物理学では、光や電波も電磁波として扱われます。
ところでこの電磁波が、どれくらい人間に影響しているのかは今のところよく分かっていません。
この日本では現在研究中ですが、北欧では「2mG(ミリガウス)以上の磁場で小児白血病が2.1倍、小児脳腫瘍1.5倍」との調査結果が発表されています。
しかし科学的な解明は未だ成されていません。現代社会では、知らない間に至るところで電磁波を浴びています。
例えば高圧ケーブルの近くやビルのキュービクルのそばには大変大きな電磁波が発生しています。
身近なところでは、テレビやパソコン、電磁調理器や電子レンジ、エアコンや洗濯機などほとんどの家電品は電磁波を出しています。
太陽光発電のパネルは、直流電流が流れるだけなので電磁波は出ません。
その代わりパワーコンディショナーは、直流電流を交流に換えるところなので電磁波が発生します。
この電磁波による影響は、距離が長くなることによって減少することが分かっています。
このため電磁波が心配な人は、パワーコンディショナーを屋外に置くのも一つの手です。
こちらに太陽光発電について書いてあるので参考にしてください。⇒太陽光発電 電磁波

関連記事


    自宅の屋根にソーラーパネルを設置して電気を生み出す太陽光発電は、家庭で使う電気を作るだけでなく売電によって収入を得ることもできる仕組みになっています。 しかし、何も考えずに導入してしまうと、思わぬ失敗…


    これから太陽光発電にしようよ思っている人が気にすべき事のひとつに太陽光パネルの設置場所の問題があります。 それはどうしてかというと、いくらその地域の日照条件が悪くなくても設置する場所によっては太陽光パ…


    これから自宅に太陽光発電を導入したいと考えている人も多いと思います。 ですが、実際に自宅に太陽光発電を導入しようと思った時は少し気にすべき事があります。 それは冬の季節になった時に太陽光パネルを設置す…


    海外においては、太陽光発電がメガソーラーの形式で展開される傾向が強く見受けられているのではないかと思います。 多くのソーラーパネルを同じ場所に配置し、同時に多くの発電量を期待できる点がメガソーラーの魅…