レンガとは、粘土に泥、砂などを加えて練った材料を型に入れて乾燥、または、素焼きした建築木材のことをいいます。
1つのレンガは長方形のような形をしています。
モルタルを接着剤の代わりにくっつけて一個ずつ積み上げていきます。
そうしていくことによって、建築物を作っていきます。
レンガは、土の中に含まれる成分、乾燥、焼きムラの違いが作り出す自然感のある色合いがあるのです。
そのレンガの色や形が、ブロックを接合するモルタルによって温かみのある、雰囲気になるのです。
また、レンガは、どっしりと風格の家を建てたいと希望する人には最適になります。
洋風好みでなおかつ、重厚感を求める方にはぴったりになります。
昔はレンガは大きな地震があったりしたら、崩れたりする問題がありましたが、近年では、レンガ内部に基礎からの鉄筋を通す穴を設けたりして、問題点を解決できています。
次にレンガに合う色なのですが、組み合わせる色によって、人に与える印象が、ガラッと変わってきます。
落ちついた家にしたければ、少し暗めの色を、また、華やかで明るいイメージにしたければ、明るい色っぽい色を使うといいでしょう。
また、自分が好きな色が、外壁に合う色とは限らないのです。

レンガに合う色について詳しいことを知りたい人はこちら↓↓↓
レンガ 合う色

関連記事


    これから家の外壁塗装をする人が一番気になるのが次の外壁塗装のタイミングです。 それはどうしてかというと、外壁塗装に掛かる費用は高額で頻繁にはできないからです。 なので、外壁塗装をしてから次の外壁塗装…


    外壁、色選びで 失敗しない方法を紹介します。 まず、 失敗しないポイントとして、 建物などの写真撮影が重要です。 周りの環境とのバランスと環境調和などを写真で、しっかりと確認します。 そして色のサンプ…