サンフランシスコ近くのサンタクルーズ アプトスという田舎町で1か月英会話を経験しました。
町自体は全体的に田舎で、住宅街がちらほらあるが、店は少ない、というのが印象でした。
ただ、通っていた学校はUCSCという大学であったため、バスで1時間半かけて通っており、途中下車がショッピングモールだったのが助かりました。
待ち時間はここで時間を過ごすことができたので、息抜きしたり、アメリカ人の行動を観察するができました。
この時、困ったのは、アメリカの子供たちです。
「チェンジ」という言い方をして手のひらをみせてくるので、てっきり両替かと思ってお金を渡すと、サンキューと言って行ってしまう。
外国カルチャーを学びました(汗)
参考サイト:英会話 教材

関連記事